NO.2
書  名 ゾーン
(ワンランク上を目指す投資家のための
相場心理学入門)
著者/訳者 マーク・ダグラス/世良敬明
発行所 パンローリング
価  格 2,800円
 
 
 

「ゾーン」からの抜粋


 




(テクニカル分析)

  テクニカル分析は、マーケットが取引所に組み込まれたころから存在している。しかしトレーダーの世界では1970年代末または80年代初頭ごろまで、利殖の道具として価値があるとは考えられてはいなかった。しかし以下の理由から、現在では業界関係者の必修事項として主流を占めるようになっている。
  どの日、どの週、どの月にかかわらず、マーケット参加者の数は有限である。そして彼らの多くが利殖を期待して、同じような行動を何度も繰り返す。つまり各個人に行動パターンがある。そしてその個人の集まりが、首尾一貫してお互いに影響し合うため、それが集団的行動パターンを形成する。こうした行動パターンは、視覚的にも数値的にも識別可能であり、その繰り返しには統計学的信頼性がある。
  つまりテクニカル分析は、集団的行動をパターンとして識別し、「あることが起これば次にこうなる」という可能性がより高くなるタイミングを明確にする方法なのだ。ある意味、過去にマーケットで生じた何かしらのパターンを根拠にマーケットの気持ちを読み取り、次の展開を予想する方法であると言える。



(一貫した成功者)

  一貫した成功者とその他を区別するはっきりとした特徴がそこにある。勝者はある種の心構え(独自の姿勢)を確立し、逆境にもかかわらず規律と集中力、そして何よりも自信を維持できるのだ。結果として、その他のトレーダー集団が悩むような一般的な恐怖や売買ミスに影響を受けずに済む。だれもが最終的にマーケットについて何かを学ぶが、一貫した勝者となるために絶対不可欠な姿勢を習得しているのは非常に限られた人たちなのだ。それはちょうどゴルフクラブやテニスラケットを振り、適当な技術をマスターしようと学ぶのはだれでもできるが、それを一貫できるか否かは、間違いなくその姿勢によるのと同じである。



(リスクを受け入れる方法)

  最上級者は何のためらいも葛藤もなくトレードを仕掛ける。そしてトレードが機能しなくても、同じくらい何のためらいも葛藤もなく、容易にその事実を認める。たとえ含み損で手仕舞っても、不愉快な感情は微塵も見せない。つまりトレードに内在するリスクで、自分の規律、集中力、自信を失うことはないのである。裏を返せば、不愉快な気持ち(特に恐怖心)でトレードしているのであれば、トレードに内在するリスクを受け入れる方法を学んでいないことになる。これは大きな問題だ。なぜならリスクが許容できない度合いとリスクを避けようとする度合いは比例するからだ。そして避け難いものを避けようとする試みは、トレードを成功させる能力に壊滅的な打撃をもたらすのだ。



(すべてのトレーダーが失敗するという前提 )

  ある大手先物取引のブローカーがこうコメントしていた。「すべてのトレーダーが失敗するという前提で、お客さんと接している。そして彼らが逝くときまで幸せな気持ちにしてあげるのが自分の仕事だ」。彼は冗談半分でこう言っていたのだが、その発言には多くの真実がある。



(プロのようにリスクを受け止める)

  プロのようにリスクを受け止めたとき、マーケットの動向を脅威として理解しなくなるだろう。何の脅威もなければ、何の恐怖もない。恐怖がなければ、勇気の必要もない。ストレスがなければ、精神力の必要はない。そして自分が無心になれるかどうかを恐れていなければ、自制心の必要などない。この文章に込められた意味をじっくりと考えてほしい。そしてこのことを肝に銘じてもらいたい。「責任感とリスクについて適切な信念と姿勢を持ってトレードを始める人はほとんどいない」のだ。だれもいないとは言わないが、ほとんどいない。その他大勢は、前述の初心者のところで出たサイクルにはまっている。無心で参加し、そして恐れを感じ、その恐れが自分の潜在能力を断続的にそいでいくのである。



(ゾーン)

  自分が「ゾーン」にいる状態とは、本質的に自分の心とマーケットが同調している状態を意味する。その結果、あたかも自分自身とその他のマーケット参加者の集合的意識の間に何の分け隔てもなくなったかのようになり、マーケットがまさに何をしようとしているか感じられるようになるのである。つまりゾーンは、ただ単に集団心理を読み取れる状態だけではなく、それ以上、つまりマーケットと完全に同調している状態の心の空間なのだ。



(確率(自分の優位性)の利用)

  次に何が起こるか知る必要がないのなら、個々のプレーやルーレットやサイコロに、特別な意義や感情などを移入する必要がない。したがって、非現実的な期待に苦しまなくて済むし、自分が正解でなければならないというエゴに影響されないで済む。そして、常に楽な気持ちで、自分の勝算の維持と完璧なトレードの執行に集中できるのだ。それが一方で、ミスを犯して高い代償を払う可能性をかぎりなく小さくさせる。非常にリラックスした状態だ。なぜなら確率(自分の優位性)の利用に専念し、またそれを望んでいるからだ。そして自分の優位性が十分にあり、標本の大きさが十分であれば、最終的には勝利すると常にわかっているからである。



(規則に厳格、期待に柔軟)

  私は講習会で常に、以下の主要なトレードの逆説を解決するように参加者に求めている。それは「いかにしてトレーダーは厳格であると同時に柔軟である方法を習得すべきか?」である。その答えは、「自分の規則に厳格であり、自分の期待に柔軟でなければならない」である。私たちは自分の規則に厳格である必要がある。そうすれば、ほとんど境目のない環境で自分を常に守ってくれるだろうという自信が深まる。また私たちは自分の期待に柔軟である必要がある。そうすれば、かなりの明瞭さと客観性をもって、その観点からマーケットとのコミュニケーションが取れると認識できる。ここまでくればもう言うまでもないだろうが、典型的なトレーダーはまったく逆の行為をしている。自分の規則に柔軟であり、自分の期待に固執するのだ。非常に興味深いことに、期待に固執すればするほど自分の規則を曲げたり、破ったりしてしまう。これはマーケットが提供している情報が自分に有利なものであるという期待をあきらめきれないからだ。



(一貫した勝者)

 私は一貫した勝者である。なぜなら
  @私は自分の優位性を客観的に確認している。
  A私はすべてのトレードでリスクを前もって決めている。
  B私は完璧にリスクを受け入れている。あるいはトレードを見切ることを
    いとわない。
  C私は疑念も躊躇もなく自分の優位性に従う。
  D私はマーケットが可能にしてくれた勝ちトレードから利益をつかみ取る。
  E私はミスを犯すことへの自分の対応を継続的に監視している。
  F私はこうした一貫した成功の原理の絶対的必要性を理解している。
    したがってけっしてそれを破らない。





※ ( )内タイトルは勝手につけました。

 

 
 
 
鉄 太 郎 の ナ ル ホ ド と 納 得
 

 

  株が高くなるか、安くなるかの判断は、自分がポジションを抱えていなければ、そんなに難しいものではない。小学生にチャートを見せても、半分以上の確率で当てるであろう。判断を誤らせるのは、希望、恐怖、強欲などの感情である。

 <ミスの原因の一例>
  
  ★もう少し待てば、あがってくれるだろうという希望
  ★損は出したくない、見たくないというエゴ
  ★底が抜けたような株価を見ての恐怖心
  ★儲かりだした時のもっと儲けたいという強欲さ

 <対策の一例>

  ☆無条件にできる損切りの方法の確立
  ☆感情の入り込まないシステムの構築
  ☆システムの有効性を徹底的に検証
  ☆ルールを破った時の罰則は必ず履行