ラ ン ク
No.41
格言・金言 潮目をみて、流れに逆らわず、強風下に船を出すな
勝手に解釈
  潮の強いところで船を漕いでも、前にいくどころか流される。台風の時、船を出すと遭難の恐れがある。大自然に逆らってはならないことは、誰でも知っている。しかし、相場になると流れに逆らったり、乱高下する方向性のない相場で、売買を繰り返すという愚を犯す。

   
ラ ン ク
No.42
格言・金言 相場は明日もある
勝手に解釈
  相場のサイクルに終わりはない。オランダのチューリップ相場のもっと昔から、大小の違いはあるが、相場はバブルと暴落を繰り返えしてきた。チャンスがくるまで、あせることはない。「アシタがあるさ、アスがある ♪♪・・・・・」と鼻歌を歌って待っていよう。

 
ラ ン ク
No.43
格言・金言 新値につけ
勝手に解釈
  長らく低迷していた株が、ボックス相場圏から勢い良く抜け出ると急騰することが多い。そんな株を見つけたら、黙って買っておくのが得策だ。

 
ラ ン ク
No.44
格言・金言 株の高い時は最上に見え、安い時は最低に見える
勝手に解釈
  株は安値で買って、高値で売れば儲かるということは誰でも知っているが、実際は、高値になると皆が買うという安心感から買い出動し、安くなると不安感/恐怖感から投げてしまう。感情に流されて売買すると必ず負けると肝に銘ずべし。

 

ラ ン ク

No.45
格言・金言 曲がり屋に向かえ
勝手に解釈
  いつも負けている人の反対をすれば、勝てるのは道理である。いつも負けている人を探して反対の売買をすることは難しいが、「一般大衆をいつも負けている人達」と定義すると答は見えてくる。
 主婦をも巻き込んだ一般大衆が、株式売買の世界に大挙して入ってきた時こそ、天井圏と認識し、売り準備に入るべし。一般大衆が、絶望して株式売買の世界から逃げ出し、ほとんど残っていない時こそ大底圏と認識し、買い準備に入るべし。

 
ラ ン ク
No.46
格言・金言 備えあれば迷いなし
勝手に解釈
  建て玉をした場合は、必ず、想定されるあらゆるケースのシナリオを持っておかねばならない。その中には、突発的事件(大地震、大テロ、銀行の倒産、米大統領の死、等々)で株価が急変することも入っていなければならない。

 
ラ ン ク
No.47
格言・金言 金のなる木は水では生きぬ、汗をやらねば枯れていく
勝手に解釈
  相場で、一度や二度の大儲けは誰でもできる。金のなる木に育てるためには、汗水ながして懸命に努力することが必要である。自分が勝てると納得のできる「戦略・戦術・戦法」を生み出し、それを改良し続けていくことこそ、相場で継続的に勝つための必勝法である。

 
ラ ン ク
No.48
格言・金言 上がる株が優良株
勝手に解釈
  この格言は、例え優良株でも上がらなければボロ株で、ボロ株でも上がれば優良株、ということを言っていると思う。しかし、我が戦術に照らしてアレンジすれば、「長い期間放置され、上がり始めた株は優良株」ということになる。

 
ラ ン ク
No.49
格言・金言 天井も底値も大衆がつける
勝手に解釈
  天井は、熱狂している相場に大衆が大挙して参加してきた後に起こるもの。大底は、冷え切った相場に更なる悲観材料がでて、一段と相場が下がったとき、大衆が持ち株を投げ売って市場から去った後に確認できるもの。

 
ラ ン ク
No.50
格言・金言 相場はすぐに止まらない
勝手に解釈
  勢い良く上がり始めた相場は、悪材料も飲み込んで上昇する。大天井をつけて、雪崩を打つように下がる相場は、好材料も飲み込んで下降する。いずれも適正水準で、ブレーキが掛かり止る、なんてことはない。