第四章 勝ち組投資家の戦術・戦法



  
 
           「10中6度見込みの当たるものは産を興すべし」


                                         (格言)



 

  ここまで、読み進めてきた方には、私の性格がある程度推定出来ると思います。実は、私は臆病で小心者です。しかし、反骨精神は旺盛です。そして賭事が大好きなのです。こんな性格は本来的には、相場に向いていないのですが、確率に裏打ちされたシステム(戦術・戦法)を構築し、ロボットの如く運用することによって、成功できると確信しています。
  戦術・戦法を構築するに当たっては、自らの性格を十分知った上で、独自の戦術・戦法を構築することが肝要です。

 

  1.投資哲学
 


株価の予測は行なわない。

含み損は持たない。

確率で表現できないトレードパターンは使わない。

過去の相場で実証できたトレードパターンだけを使う。

損切りは負けでなく、取引コストとして捉える。

一発勝負をかけない。

感情のないロボットのごとく売買を遂行する。

勝って驕らず、負けて悲観しない。

会社を経営しているがごとく株式売買に取り組む。

常に研究を怠らない。

∇自ら定めたルールは絶対守る。